2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安眠妨害の犯人は

ナナとティッシュ

カメラを構えウロウロしていたらごん太が何を思ったか
目が合った瞬間に慌てて逃げていこうとしたその時!

ナナとティッシュ (2)

まさに狙ったかのように爆睡するナナのイチゴベットの中にティッシュBOXが

ナナとティッシュ (3)

す・すみません。そうだよね。

ナナとティッシュ (4)

すまん。
今度からは簡単に落ちないところに置いておきますから許してね


     僕は何もしてないごんBYごん太
      元はごん太がティッシュBOX落したんでしょ
    ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス
           ↓            ↓           
      にほんブログ村 猫ブログへ  ペットブログランキング


お知らせ

★お知らせ★
コメントや応援ポチいつも本当にありがとうございます。
ここのところ少々日々立て込んでおり
皆様のコメントに個々でお返事が出来ないでおります。

コメントは私の励みでもあり楽しく読ませて頂いてますので
お返事は別にいいよって方は是非一言でもいいので残してくれますと嬉しいです。
こちらからも遊びに行かせて頂きたいのでURLも良かったら残して下さいね(*^-^)

それ以外の方は良かったら↑の応援のぽち宜しくお願い致します。
ブログを更新する励みにもなりますし
何より猫バカteacatの元気の源になりますてれねこ

 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
スポンサーサイト
[ 2010/02/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

牛猫になったナナ

お~にょ~のこんばんにゃてれねこ
みなたまはもう年賀状書きましたか?

昨日やっとこさナナさんに寅さんになってもらい
本日やっとこさ年賀状作りに取りかかりました汗

ちなみに去年はこんな感じ

牛ナナ

にゃはははは笑う
まあ実際に年賀状用の写真はもちっと可愛いやつにしましたが
基本お洋服はOKだけど被り物は大嫌いなナナさんは相当この時不愉快そうでしたねw

本当は着物でも着せて写真撮りたかったのに相方がこれを昨年強引に購入うし pkk
何が良いのやらこの不愉快そうなナナの顔が可愛い×2と喜んでました。

可哀想なナナ土下座

今年もやっぱり被り物が良いと言ってきかない相方。
結局今年も寅になってもらいました。

ちなみに寅ナナさんのお写真はは新年までおあずけw2010年虎3

さてさてそんな感じで写真を整理してたら以前に撮った
ナナさんが相方を起こしている動画を発見猫の肉球ピンク
今日は懐かしいのでUPしまーす。



頭踏み踏み。そんなしたら相方はげちまう~汗

とそんな感じで本日はこの位でこれから年賀状作りに戻りまーすにっこり

Brilliant やっぱり寒いから先にお風呂はいろ~ 風呂 Brilliant 
       年賀状いつできんだごん?BYごん太
   ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス
           ↓            ↓           
      にほんブログ村 猫ブログへ  ペットブログランキング


お知らせ

★お知らせ★
コメントや応援ポチいつも本当にありがとうございます。
ここのところ少々日々立て込んでおり
皆様のコメントに個々でお返事が出来ないでおります。

コメントは私の励みでもあり楽しく読ませて頂いてますので
お返事は別にいいよって方は是非一言でもいいので残してくれますと嬉しいです。
こちらからも遊びに行かせて頂きたいのでURLも良かったら残して下さいね(*^-^)

それ以外の方は良かったら↑の応援のぽち宜しくお願い致します。
ブログを更新する励みにもなりますし
何より猫バカteacatの元気の源になりますてれねこ

 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/12/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

だんぼーる

紅葉

いや~すっかり秋ですね。すっかり近所の木々も黄色に落ち葉

今年は急に何やらバタバタして季節を感じる時間もなく
一気にここまで来たような・・・はぁ~ふぅ 

一部の方はご存知と思いますが、そのバタバタの大きな理由その一つが
実はこれ↓G

ダンボール

・・・。
・・・。
ナナとごん太が原因?と思ったそこのあなたハズレ~BAD

答えはお引っ越し~なんですにっこり
中古なんだけども2ニャン+しもべ2人が仲良く暮らすお家を頑張って購入してしまいました~ハート

頑張って住宅ローン返すぞ~ファイト

そんでもって車椅子使用にプチリフォーム中なので引っ越し自体はまだ先。
ん~予定では年内には引っ越せそうかなと思うのですが・・・どうだろうjumee☆whyL

そんな訳でとりあえずお引っ越し準備用に先日段ボールを業者さんが持ってきてくれました。

ダンボール (3)

やっぱり。想像通り2ニャン大はしゃぎハート
ナナなんて興奮して爪とぎ始めちゃうし、
段ボールを広げたら物入れる前に2匹のお部屋になっちゃうしこれでは引っ越し準備になりませ~ん。

引っ越しの前に段ボールがボロボロにされそう土下座

ダンボール (2)

だから我が家に段ボールが来て数日経つがいっこうに何も片付かないで
2にゃんのおもちゃと化している段ボールの山汗

時間はまだあるさって余裕をかましてますteacatですが
きっとギリギリになって「終わらないでごじゃる~汗」ってなんだろうな。

あ~ぁため息
2にゃんがドラえもんのような猫だったらなぁドラえもん
・・・とこんな時には思う飼い主なのであった。

    ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス
           ↓            ↓           
      にほんブログ村 猫ブログへ    blogram投票ボタン



お知らせ

★お知らせ★
コメントや応援ポチいつも本当にありがとうございます。
ここのところ少々日々立て込んでおり
皆様のコメントに個々でお返事が出来ないでおります。

コメントは私の励みでもあり楽しく読ませて頂いてますので
お返事は別にいいよって方は是非一言でもいいので残してくれますと嬉しいです。
こちらからも遊びに行かせて頂きたいのでURLも良かったら残して下さいね(*^-^)

それ以外の方は良かったら↑の応援のぽち宜しくお願い致します。
ブログを更新する励みにもなりますし
何より猫バカteacatの元気の源になりますてれねこ

 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/11/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

猫にとって危険な植物一覧 (ハ~)

ハ行の科

バショウ科
ゴクラクチョウカ(ストレリチア)の全草= 嘔吐、下痢、腹痛

バラ科
てろてろちゅういアンズの未成熟の果実、種子の中身= 呼吸困難、虚脱、ケイレン
てろてろちゅういウメ 未成熟の果実、種子の中身= 呼吸困難、虚脱、ケイレン
てろてろちゅういスモモ 未成熟の果実、種子の中身= 呼吸困難、虚脱、ケイレン
てろてろちゅういモモ 未成熟の果実、種子の中身= 呼吸困難、虚脱、ケイレン
てろてろちゅういリンゴの未成熟の果実、種子の中身= 呼吸困難、虚脱、ケイレン

ヒガンバナ科
てろてろちゅういアマリリスの鱗茎= 悪心、嘔吐、下痢、流涎、肝障害、脱力感
てろてろちゅういキツネノカミソリの鱗茎
= 嘔吐、下痢、腹痛、流涎、血圧低下、心不全、昏睡、麻痺
てろてろちゅういスイセンの鱗茎
= 嘔気、嘔吐、血圧低下、時に下痢、胃腸炎、心不全(ネコ)
てろてろちゅういヒガンバナの全草、特に鱗茎
=皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では嘔吐、腹痛、
下痢、流涎、中枢神経麻痺、死亡

ヒルガオ科
アサガオの種子、ツル、葉
= 嘔気、嘔吐、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下
アセビの種子
= 嘔気、嘔吐、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下

ブドウ科
ツタの根
= 接触では皮膚炎・結膜炎、経口摂取では嘔吐、下痢、胃腸炎

ボタン科
シャクヤクの乳液
=皮膚に接触した場合はかぶれ、経口した場合は嘔吐、胃腸障害、血圧低下
ボタンの乳液
= 皮膚に接触した場合はかぶれ、経口した場合は嘔吐、胃腸障害、血圧低下
ヤマシャクヤクの根= 血圧低下

マ行の科

マチン科
てろてろちゅういイエロージャスミン(カロライナジャスミン)の全草
=運動失調、嚥下困難、麻痺、呼吸筋麻痺

マメ科
てろてろちゅういキバナハウチワマメ(ルピナス)の全草、特に種子
= 硫涎、嘔吐、運動失調、呼吸困難、麻痺、催奇形性
てろてろちゅういキバナフジの樹皮、根皮、葉、種子
=ニコチンと類似症状、流涎、嘔吐、発汗、血管収縮、血圧上昇、
知覚障害、呼吸不全、死亡
てろてろちゅういニセアカシアの樹皮、種子、葉
=遅発性嘔吐、下痢、流涎、発汗、腹痛、心悸亢進、苦悶、呼吸困難、腎機能不全
てろてろちゅういフジの全草= 嘔気、腹痛、頻回の嘔吐
てろてろちゅういプレカトリービーン(トウアズキ)の種子= 麻痺、呼吸困難

ミカン科
コクサギの葉= 皮膚のかぶれ
ミヤマシキミの全草= 嘔吐、手足のケイレン、麻痺

メギ科
イカリソウの全草= 知覚神経の興奮

モクセイ科
てろてろちゅういジャスミンの全草= 運動失調、嚥下困難、ケイレン発作、呼吸筋麻痺、死亡

モクレン科
モクレンの樹皮= 筋肉の弛緩


ヤ~行の科

ヤマゴボウ科
てろてろちゅういヨウシャヤマゴボウの全草、特に根、実
= 口腔刺激、嘔吐、下痢、重症:頻脈、呼吸困難、血圧低下、ケイレン

ヤマノイモ科
オニドコロの根= 胃腸炎、血球破壊、嘔吐

ユズリハ科
てろてろちゅういユズリハの葉、樹皮= 肝障害、麻痺

ユリ科
てろてろちゅういイヌサフラン(コルチカム)の塊茎、根茎、種子
= 目にはいると失明の恐れあり、口腔と咽の灼熱感、嘔気、下痢、
皮膚の知覚減退、中枢神経麻痺、呼吸困難、時に死亡、催奇形性
てろてろちゅういオニユリの全草
= 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、
手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
スズランの全草= 嘔吐、下痢、腹痛、徐脈、不整脈、心不全
てろてろちゅういユリ(テッポウユリ、スカシユリ、オニユリ、カノコユリ)の全草
=脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺
てろてろちゅういエンレイソウ(タチアオイ)の全草
= 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、
手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
てろてろちゅういオモトの全草
= 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、
手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
てろてろちゅういコバイケソウの全草
= 嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン
てろてろちゅういチューリップの鱗球= 皮膚炎、多食で心臓麻痺
シュロソウの根、茎= 嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン
てろてろちゅういツクバネソウの全草、特に果実地下部位
= 嘔吐、下痢、頭痛、重症:縮瞳・呼吸困難
てろてろちゅういバイケイソウの全草、特に根= 嘔吐、下痢、目眩、脱力感、血圧低下、ケイレン
てろてろちゅういヒヤシンスの鱗茎= 皮膚炎、多食で心臓麻痺
てろてろちゅういタマネギの鱗茎= 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では溶血
アロエの樹液= 下痢

リュウゼンカツラ科
てろてろちゅういドラセナ(幸福の木)の全草= 嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺、死亡

nana

   ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス

            にほんブログ村 猫ブログへ




 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/04/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

猫にとって危険な植物一覧3 (タ~ナ行)

タ行の科

タデ科
ショクヨウダイオウの葉、根茎
= 嘔吐、下痢、黄疸、肝不全、腎不全、不整脈、低カルシウム血症
ヤナギタデの全草、特に種子= 血圧低下

ツツジ科
てろてろちゅういアザレア(シャクナゲ)の葉、根皮、花からの蜂蜜
= 口腔の灼熱間、流涎、嘔吐、下痢、筋力低下、視力障害、
徐脈、不整脈、血圧低下
てろてろちゅういカルミア(アメリカンシャクナゲ)の 葉、花からの蜂蜜
= 流涎、嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、徐脈、麻痺、昏睡
てろてろちゅういサツキの葉、花からの蜂蜜
= 流涎、嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、徐脈、麻痺、昏睡、
多量に摂取した場合は死亡
てろてろちゅういつつじ(レンゲツツジ)の葉、花からの蜂蜜
= 流涎、嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、徐脈、麻痺、昏睡
ハナヒリノキの葉= 運動神経麻痺、呼吸困難、心臓麻痺

ツヅラフジ科
コウモリカズラの種子= 頻脈、神経障害、ケイレン

ツリフネソウ科
ツリフネソウの全草= 嘔吐、胃腸のただれ
ホウセンカ の種子= 子宮の収縮

トウダイグサ科
てろてろちゅういトウゴマの穂、葉、種子
= 嘔吐、下痢、興奮、口渇、散瞳、痛覚麻痺、体温低下、皮膚炎
ポインセチアの茎からの樹液と葉
= 嘔吐、下痢、口腔の灼熱感、皮膚炎
トウダイグサの全草
= 接触では皮膚炎、鼻炎、粘膜の炎症、経口摂取では嘔吐、蹴り、
胃腸炎、腹痛、頭痛、血圧上昇、目眩、ケイレン
ノウルシの茎、葉= 皮膚炎、鼻炎、結膜炎

てろてろちゅういドクウツギ科
ドクウツギの種子、樹皮
= 嘔吐、流涎、縮瞳、血圧上昇、全身硬直、ケイレン、呼吸困難、死亡

トチノキ科
てろてろちゅういトチノキの全草=下痢、胃腸炎、脱水、電解質の不均等

ナ行の科

ナス科
てろてろちゅういジャガイモの 芽、緑色のイモ
=口腔や咽の灼熱感、嘔吐、下痢、流涎、腹痛、発熱、瞳孔散大、
運動失調、筋力低下、徐脈、血圧低下
てろてろちゅういタバコの葉
= 催吐、嘔気、嘔吐、発汗、目眩、気管収縮、血圧上昇、
呼吸困難、知覚障害、死亡
てろてろちゅういチョウセンアサガオの葉、全草(特に種子)
= 流涎、嘔吐、下痢、口渇、視覚障害、瞳孔散大、幻覚、頻脈、死亡
てろてろちゅういトマトの葉、茎
= 結膜炎、皮膚炎、未成熟果実の摂取で嘔吐、下痢
てろてろちゅういハシリドコロの全草、特に根と茎
=口渇、嘔吐、目眩、幻覚、興奮、昏睡、呼吸困難、散瞳、頻脈
てろてろちゅういヒヨドリジョウゴの全草(特に果実)
= 発熱、嘔吐、蹴り、腹痛、呼吸困難、死亡
てろてろちゅういべラドンナの全草、特に根、茎、葉
= 咽の渇き、粘膜の乾燥、瞳孔散大、心拍異常、ケイレン、胃腸障害(猫)
てろてろちゅういホオズキ(イヌホウズキ)の種子
= 嘔吐、腹痛、血便、下痢、目眩、口内の乾燥、呼吸困難
てろてろちゅういナスの芽、葉
=嘔吐、腹痛、血便、下痢、目眩、口腔の乾燥、呼吸困難

ニシキギ科
マサキの葉、樹皮、果実= 嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺

nana


Brilliant猫にとって危険な植物一覧4に続くBrilliant
   ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス

            にほんブログ村 猫ブログへ


 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/04/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

猫にとって危険な植物一覧2 (カ~サ行)

カ行の科

キキョウ科
てろてろちゅういキキョウの根=嘔吐、下痢、胃腸炎、溶血
てろてろちゅういセイヨウキョウチクトウの全草
= 嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、ケイレン、意識不明、心臓麻痺
てろてろちゅういロベリアの全草
=嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、ケイレン、意識不明、心臓麻痺

キク科
キクの仲間(クリサンセマムなど)の全草
= 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
ダンゴギクの全草=皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
デージーの全草=皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
マーガレットの葉の汁= 皮膚接触では皮膚炎、経口接触では嘔吐
フジバカマの全草= クマリン中毒(血液凝固不全、出血)

キョウチクトウ科
てろてろちゅういキョウチクトウの樹皮、根、枝、葉
=皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では口腔の疼痛、嘔吐、
下痢、腹痛、徐脈、不整脈、時に高カリウム血症、心臓麻痺
てろてろちゅういニチニチソウの全草= 全身麻痺

キンポウゲ科
てろてろちゅういウマノアシガタの全草、樹液
= 皮膚への刺激、口腔の灼熱感、流涎、下痢、胃腸炎、幻覚、中枢神経麻痺、
多量摂取で心停止
てろてろちゅういオダマキの全草、特に種子
= 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では口腔内潰瘍、胃腸炎、
多食で心臓麻痺
てろてろちゅういキツネノボタンの全草
= 皮膚接触では皮膚の炎症・水ぶくれ、経口摂取では口腔や咽の灼熱感、
胃腸炎、血便
てろてろちゅういキンポウゲの全草
= 嘔吐、下痢、血便、皮膚炎、幻覚、多食で心臓麻痺
てろてろちゅういクリスマスローズの全草、特に根
= 口腔の灼熱感、腹痛、胃炎、嘔吐、下痢、不整脈、血圧低下、心臓麻痺、死亡
てろてろちゅういトリカブトの全草、特に根
=流涎、初期では口腔、咽頭の灼熱感、ふらつき、心悸亢進。
中期では嘔吐、流涎、エン下困難、脱力感、規律不能。
末期では血圧低下、呼吸麻痺、ケイレン
てろてろちゅういヒエンソウの全草
= 流涎、振戦、運動失調、ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺
てろてろちゅういフクジュソウの全草、特に根
= 嘔気、嘔吐、血圧上昇、呼吸困難、心臓麻痺、死亡
アネモネの乳液
= 皮膚接触では皮膚の水ぶくれ、経口摂取では口腔及び胃腸の炎症
クレマチス(テッセン)の全草= 胃腸炎
デルフィニュームの茎、葉= ケイレン、心臓麻痺、呼吸困難
ハンショウヅルの全草= 流涎、運動失調、振戦、ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺

クスノキ科
てろてろちゅういアボガドの未成熟の果実、種子の中身=元気消失、チアノーゼ、死亡

クマツヅラ科
ランタナの未熟種子、葉
= 嘔吐、下痢、腹痛、虚脱、嗜眠、瞳孔散大、胆汁ウッ滞、ビリルビン血症、光過敏症

クワ科
アサの穂、葉を含めた全株
=ゲリ錯乱、興奮、幻覚、抑鬱、瞳孔散大、神経障害、痛覚および知覚の麻痺、
呼吸数減少、体温低下
イチジクの葉、枝= 皮膚のシミ、粘膜のビ爛

ケシ科
てろてろちゅういクサノオウの全草、特に乳液
= 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では胃腸炎、脱力感、
嗜眠、知覚末梢神経麻痺
てろてろちゅういケシの未熟果乳液、種子
= 中枢神経の麻痺、幻覚、興奮あるいは抑鬱、便秘、肝障害、催奇形性
てろてろちゅういケンマソウの根茎、葉= 嘔吐、下痢、体温や脈拍低下、
ケイレン、呼吸困難、心臓麻痺
てろてろちゅういタケニグサの全草
= 嘔吐、幻覚、縮瞳、血圧低下、呼吸麻痺、死亡

てろてろちゅういコバノイシカグマ科
<てろてろちゅういspan style="color:#660000">ワラビの地上部、根茎
= 貧血、慢性衰弱、運動失調、心拍不整、死亡、発ガン性

てろてろちゅういゴマノハグサ科
てろてろちゅういキツネノテブクロ(ジギダリス)の葉、根、花
=嘔気、嘔吐、口渇、下痢、腹痛、頭痛、耳鳴り、目眩、ケイレン、不整脈、
徐脈、高カリウム血症、重傷例では心停止

サ行の科

サクラソウ科
シクラメンの全草=胃腸炎
サクラソウのプリムラ 葉、茎= 皮膚炎、口内炎、嘔吐、下痢

ザクロ科
ザクロの樹皮、根皮
= 嘔吐、下痢、胃炎、目眩、運動失調、精神混乱、失神、中枢神経麻痺

サトイモ科
てろてろちゅういフィロデンドロンの根茎、葉
= 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では口腔の灼熱感、猫では有毒性あり
ポトスの全草= 口内炎、皮膚炎
エレファントイアー(カラー、アンセリウム、カラジウム)の草液
= 嘔吐、口腔と咽の炎症
ディフェンバキアの茎
= 皮膚接触では皮膚のかぶれ、結膜炎、口腔内の灼熱感
クワズイモの葉、茎= 口内炎、皮膚炎
カラスビシャクの球茎
=皮膚接触では皮膚炎、経口摂取では口腔や咽の灼熱感と炎症、浮腫、流涎
ショウブの葉
= 口内炎、舌炎、皮膚炎
スパシフィラムの葉 =口内炎、流涎、皮膚炎
マムシグサ 根、茎、果実、肉穂果= 口内炎、流涎、皮膚炎
モンステラ(ホウライショウ)の葉= 口内炎、流涎、皮膚炎

シキミ科
てろてろちゅういシキミの果実、樹皮、葉、種子
= 嘔吐、下痢、目眩、血圧上昇、呼吸困難、全身ケイレン、流涎

ジンチョウゲ科
ジンチョウゲの花、葉= 口腔内の水疱と浮腫、流涎、嘔吐、腹痛、血便

スミレ科
てろてろちゅういパンジー(ビオラ)の種子、根茎= 嘔吐、神経麻痺

セリ科
てろてろちゅういドクゼリの全草
=流涎、嘔吐、口腔灼熱感、胃腸炎、横紋筋麻痺、頻脈、呼吸困難、死亡

てろてろちゅういセンダン科
てろてろちゅういセンダンの樹皮、果実
= 嘔吐、流涎、下痢、胃炎、ケイレン、運動失調、呼吸停止、心停止

てろてろちゅういソテツ科
ソテツの 種子、茎幹
= ホルムアルデヒド中毒(口腔内・食道・胃腸の炎症、肝不全、腎不全)、
嘔吐、腹痛、嗜服、昏睡、ケイレン。発ガン性、催奇形性を持つ

nana

Brilliant猫にとって危険な植物一覧3に続くBrilliant
   ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス

            にほんブログ村 猫ブログへ


 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/04/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

猫にとって危険な植物一覧1 (ア行)

安心して猫と生活すると言う事をここにきて改めて考えさせられ
今回は自分の覚え書きも兼ねて猫ちゃんにとって危険な植物について
記載したいと思いますので参考にしてみて下さいね。
(ここに記載した意外にもありますので植物をねこちゃんのそばに置く際は
気おつけて下さいね)

てろてろちゅういこのマークの物は特に注意して下さいね。

【猫にとっての危険な植物】

キンポウゲ科
プロトアネモニン含んでいるので、ほとんどが有害植物と考えて差し支えなし。

ツツジ科
葉には、アンドロメドトキシンを含むものが多いので、危険性が高いものが多い。

トウダイグサ科
ほとんどが有毒。

ナス科
嘔吐、腹痛、血便、、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などを引き起こすものがある。
ケイレンや麻痺などの神経症状、心筋梗塞などに進行し、死亡することもあります。

バラ科
アンズ、モモ、サクラ、スモモ、ビワなどの未熟果には
青酸(シアン)が含まれているので注意。

てろてろちゅういユリ科
特に猫にとって危険度が高く
テッポウユリの入っている花瓶の水を飲んだだけでも中毒を起こすことがある。
嘔吐、抑鬱、下痢、脱水などを起こし、急性腎不全に進行し、死亡することがあります。

猫にとって危険な植物一覧表

ア行の科
アジサイ科
てろてろちゅういアジサイの蕾=大量摂取:ケイレン 昏睡 呼吸麻痺 死亡 少量:嘔吐 沈鬱 元気消失

アヤメ科
アヤメ の根茎=嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、胃腸炎
アイリスの根茎=嘔吐、腹痛、下痢
サフランの根茎=嘔吐、腹痛、下痢

イチイ科
てろてろちゅういイチイの種子(ただし果肉は無毒)、葉、樹体
=筋力低下、虚脱、悪心、嘔吐、腹痛、散大、多量摂取すると呼吸困難、振戦、不整脈、
拡張期の心臓ブロック、突然死

イチヤクソウ科
イチヤクソウの全草=血管拡張による血圧低下

イチョウ科
イチョウの種子(ぎんなん)=皮膚炎、多食で呼吸困難

イラクサ科
イラクサの葉およ茎の刺毛=皮膚接触で痛み・かぶれ・炎症、経口摂取で口腔の灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、
振戦、呼吸困難、徐脈

ウコギ科
セイヨウキヅタ(アイビー)の葉、果実
=嘔吐、下痢、腹痛、口渇、硫涎、皮膚への刺激

ウルシ科
ウルシの乳液=皮膚のかぶれ、炎症
ツタウルシの特に樹液=重度の皮膚のかぶれ
ハゼノキの全体=皮膚のかぶれ

エゴノキ科
エゴノキの果皮
=苦味、口腔と喉の刺激、胃のただれ、溶血作用

オシロイバナ科
オシロイバナの根、茎、種子
=皮膚や粘膜への刺激作用。種子には幻覚作用。嘔吐、下痢、腹痛

nana


Brilliant猫にとって危険な植物一覧2に続くBrilliant
   ランキングに参加中です。応援のポチ宜しくにゃマウス

            にほんブログ村 猫ブログへ

 ↓ごん太&小春に応援のクリック宜しくにゃマウス

にほんブログ村 猫ブログへ


   
[ 2009/04/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。